お問合せ

 072-288-1055
 072-287-1167
 メールはこちら

社会福祉法人コスモスがめざすもの

国民の権利としての、社会福祉の進歩を築きます。
社会福祉の公的責任と市民の共同性を追求します。

保育関連事業 新着情報

理事長のつぶやき

ともに歩みをすすめましょう! コスモスらしく!

2018.01.01

 明けましておめでとうございます!

 いつもコスモスを暖かいまなざしで見守っていただき本当にありがとうございます。本年もよろしくお願い致します。

 二十歳のお誕生祝を終えた社会福祉法人コスモスは、「コスモスビジョン2020」の第一歩を踏み出しました。

 「前期コスモスプラン」では『つばさ保育園』の開園に始まり『おおはま作業所』の移転や支援センター『そら』の開設、各エリアでのグループホームの整備、児童デイの開設など、地域の暮らしの拠点となる事業が実現しました。

 しかし、コスモスが目指す「だれもが必要なときに 利用できる」福祉の街 堺市の実現にはまだまだ多く課題が残されています。

 いづみ保育園の新園舎建設、障害を持つ仲間の暮らしの場の整備、高齢分野の拡充など新たな課題も見えてきました。

 

 ときに「コスモスは大きくなり過ぎたのではないか?」とのご意見をいただくこともあります。たしかに、利用者、家族、ボランティアさん、地域の方々との意思疎通などがうまくできずに、お叱りを受けることも増えてきているように思います。

 それだけに 新たな歩みを始める今こそ「コスモスらしさ」つまり、多くの先輩方が培ってきた「コスモス」の原点を思い起こさなければならないと考えています。

 

 私たちはこれまで多くの人々の協力共同の力で事業を創ってきました。私たちは「だれもが主人公」として当たり前に暮らせる地域づくりに向け制度を創ってきました。

 そして今「コスモスビジョン2020」を手に、新たな取り組みをすすめたいと思います。

 これからも変わらぬご支援を心よりお願い申し上げます。

2018年 元旦

社会福祉法人コスモス

理事長 河野 直明