お問合せ

 072-288-1055
 072-287-1167
 メールはこちら

社会福祉法人コスモスがめざすもの

国民の権利としての、社会福祉の進歩を築きます。
社会福祉の公的責任と市民の共同性を追求します。

理事長のつぶやき

こんな身近に戦争遺構が ~白崎海洋公園~

2019.11.01

 日本のエーゲ海として知られる「白崎海洋公園」に行ってきました。

和歌山県日高郡由良町にあり、2億5000万年前に出来たとされる石灰岩で岬全体が出来ており、

群青色に輝く海とのコントラストも素晴らしく美しい風景に圧倒されました。

 

この場所は、明治から昭和にかけてセメントの原料として石灰石の採掘が盛んにおこなわれていました。

その坑道を転用し紀伊防衛隊白崎倉庫を始めとする軍事基地がおかれ、

太平洋戦争では末期に人間魚雷「回天」の出撃基地となっていました。

 

「回天」は、米軍の艦船を攻撃するために開発され、

長さ15メートル直径1メートルの一人乗りで鼻先に約1.5トンの爆薬を積み、

人間が操作して体当たりし爆破する人間魚雷です。

大分県や山口県他にも基地があり、140人を超える兵士の死があり、

その平均年齢は21.1才と言われています。

白崎基地では終戦となり出撃は無かったと聞きましたが、

訓練の途中で溺死した兵士も数多くあったと聞き、眼下の海を見る目も変わりました。

 

共に訪れた人からは、

こんなに美しい景色を美しいと楽しむこともなく、

どんな気持ちで生きて帰れぬ特攻兵の訓練をしていたのかと、若者たちを偲ぶ声があり、

死までも受け入れざるを得ない戦争の怖さや怒り、改めて平和への思いを強めました。

 

私たちに出来ることを一つずつ実行して行きましょう!

声を出していきましょう!

戦争する国にしないために!

憲法を守り育てましょう!

                                                           社会福祉法人コスモス

                                         理事長 墨 光子