お問合せ

 072-288-1055
 072-287-1167
 メールはこちら

社会福祉法人コスモスがめざすもの

国民の権利としての、社会福祉の進歩を築きます。
社会福祉の公的責任と市民の共同性を追求します。

障害福祉事業 新着情報

高齢福祉事業 新着情報

保育関連事業 新着情報

理事長のつぶやき

ひとりひとりの命とともに

2021.06.03

堺市南区栂にある総合生活支援センターそらの敷地内に「コスモスいのりの碑」があります。亡くなった仲間たちのことを忘れない、亡くなった仲間たちの思いや願いをつないでいこうと皆で毎年6月(法人設立の月)に碑のまわりに集い、亡くなった仲間を忍ぶとともに今の作業所の様子や仕事を頑張っている姿を語り合ってきました。 

いのりの碑は、多くの市民のみな様のご協力(メモリアル基金活動)を得て2017年に建立したものです。みなさまのご支援に感謝申し上げます。

いのりの碑には次の文字が刻まれています。

 

「コスモスにかかわった障害のある仲間たちの死を通し、私たちはたくさんのことを教えてもらいました。30年間でおよそ50人、75%が40代までに亡くなっており、若くして死を迎えなければならなかった障害のある人たちの人生の厳しさを感じます。しかし、その一人ひとりの人生を振り返るならば、障がいがあっても「人としてあたり前に働き、暮らしていく」権利拡充に命を燃やした歴史と障害者福祉を切り開いた人生であったと改めて思います。」   (2017年発行 メモリアル記念紙より)

 新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方々に心よりお悔やみ申し上げます。

医療逼迫の問題、ワクチン接種開始の遅れなど、もっと国にできることがあったのではないか、悔やまれることがたくさんあります。

 大切な家族、大切な仲間、大切な人たち…お別れもできず見送った悲しみは忘れません

 遺志をつないでいくことを誓います。

社会福祉法人コスモス

理事長 墨 光子