お知らせ・イベント情報

新型コロナウイルス感染症に立ち向かうための共同声明

2020-09-10

 

新型コロナウイルスの感染症は、

全ての国民、とりわけ子ども、障害者、高齢者、基礎疾患のある人、非正規職員など

社会的弱者に様々な悪影響を及ぼしています。

 

また、感染拡大に伴い多くの社会経済活動が停止又は制約されるという事態は、

医療・社会福祉事業が国民の生活を支える重要な社会資源であることを

改めて世に知らしめることとなりました。

 

しかし、一方でこれら多くの事業が制度の仕組みにより経営悪化するなど、

国民の命と暮らしを守る大切な社会資源であるにもかかわらず、

運営基盤がいかに脆弱なものであるかを露呈することにもなりました。

 

新型コロナウイルス感染症に対するワクチンや
有効な治療薬が開発されておらず、

収束の見通しが持てない状況下にあっても、

私たちは、力を合わせて利用者とその家族のいのちと暮らしを守らねばなりません。

同時に全ての職員とその家族のいのちと暮らしを守り、

事業を維持する使命があります。

 

しかしながら、私たちの努力だけでは

現在のコロナ禍で生じる様々な課題を解決できるものではありません。

私たちは、利用者が安心して利用できる環境整備と

働く職員が安心して働き続けられる環境整備の改善を、

国・大阪府・堺市に対して立場を超えて次のとおり訴えるものです。

 

  • 私たちの職場は、いわゆる三密にならざるを得ない職場です。
    PCR検査は、利用者・職員が必要なときに速やかに受けることができるようにしてください。
  • 職員から利用者への感染が起きないように、
    職員が体調不良時に安心して休むことが出来るための財政的な支援をしてください。
  • 新型コロナウイルス感染拡大により、利用者の利用自粛や感染症対策で法人の経営が悪化しています。
    持続的に事業の運営を進めるための財政的な支援をお願いします。
  • 介護・障害福祉の事業に導入されている報酬の日割り・出来高払い制度は、
    緊急事態宣言中の利用者の利用自粛や休業などにより収入が大幅に減収となり、
    安定的な経営が困難な事態となっています。
    施設を安心・安全・持続的に運営するために、
    報酬を日額払いから月額払いへと制度の見直しを行ってください。

 

                   2020年8月31日

 

                        社会福祉法人コスモス

                        理事長 墨 光子

 

                        全国福祉保育労働組合大阪地方本部コスモス分会

                        執行委員長 藤本 りえ