保育関連事業 新着情報

仮設生活がはじまりました

2018-09-18

老朽化に伴い建て替えが決定したいづみ保育園。

9月15日~17日の3日間は新園舎建設のためお引越しをしました。

0.1歳が4.5歳の部屋へ、4.5歳はホールにお引越しです。

 

1期工事で、乳児棟を解体して隣の土地とあわせた敷地に

新しく園舎を建設するためです。

 

さて、3日間でお引越しを済ませ、いよいよ今日から仮設生活がはじまりました。

登園時の子どもたちの様子を見ていると、4.5歳はワクワクした様子さえ感じます。

乳児も環境が変わって戸惑うのではないか、と思っていましたが、

なんといつも通りに飄々と遊び、午睡もでき、そのたくましさにびっくりです。

 

いづみ保育園にとっては、乳児が2階で生活する経験は初めてなので、

安全に気を付けて保育を行うためにどうしたらいいか、

この間、職員もたくさん考えてくれ、大工さんが頑張ってくれました!!

 

22日~24日は42年間親しんだ乳児棟がいよいよ解体されます。

 

お引越しに先駆けて4.5歳児には14日の朝に建て替えのこと、

どんな保育園になるのかイメージ図や模型を見ながら

少しでもこどもたちが想像しやすいようお話をしたところです。

新しい園舎を楽しみに、しばらくの間不便なことがあるだろうに

まかせといて、といわんばかりの姿に感激しました。

ただ、その話のときに「今のいづみほいくえんがすきやのに、さびしいな」

「つぶしてほしくないな」と言った5歳児。

みんなでちょっぴり、ジーンときてしまった場面がありました。

 

地域の人たち、40数年前に預ける所がなくて困っていた大勢の家族の方々、

当時はまだ劣悪な配置基準だったにも関わらず、最大限よい保育がしたい、

と願った保育士たちのカンパや要求を束ねる活動の形がこの「いづみ保育園」でした。

そういうことを思いながら、これからもこどもたちや保育園を囲む大人たち、

地域の人たちの財産として開かれた保育園でいたいと思います。

 

14日の夕方には自分たちの荷もつを運びだし、お部屋に「バイバイ」と

手を振ってお別れしていたこどもたち。(担任たちが口々に話してくれました)

そんな当たり前に生活していた場所は新しくなりますが、たくさんのこどもたち、

大人たちに長く愛される保育園でありつづけたいです。

 

工事ははじまったばかり。

近隣の方々にはご不便、ご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

園舎全体イメージスケッチ

保育室・ホールイメージスケッチ