保育関連事業 新着情報

工事の報告

2018-10-06

9月中旬から工事がはじまり、こどもたちは仮設部屋を使用して生活しています。

昔からいづみ保育園をご存知の方は写真をご覧いただくと「あ~」と

わかっていただけるかと思います。

 

 【階段途中からみたホールと2階廊下の様子】

 

 【2階からホールを見下ろす】

                     ホールでは4.5歳が生活しています。

 

  

2階の4.5歳のお部屋だったところで、0.1歳が生活するようになっています。

廊下が広かったので、有効活用しよう!と乳児で使っていた引き戸を再利用して

大工さんが間仕切りを作ってくれました。

食後やちょっと早めに目覚めてしまった子どもたちが、お部屋から一歩でた場所で、

ちょっとでも安心して遊べたらいいな、と思ってつくった「もうひとつのお部屋」です。

 

そして・・・

   

            【職員休憩室だった入口のふすま戸とシャワーの扉が見えてます!!(右写真中央)】

いよいよ乳児棟の切り離しが終わり、本体との切断部分が見えるようになりました。

来週には地鎮祭を控え、現在解体した後の土地を均してくださっているところです。

再来週からは新園舎建築にむけ、基礎工事がはじまります。

まだはじまって1か月。

ほこりがたつと予測される時は窓を閉め、音の出る工事はこどものお昼寝時間をさけて

できるよう調整していただいたりしながらここまできました。

こどもたちにも折に触れ、工事の状況を伝えていきたいと思います。

 

形はまだまだこれからですが、来週1週間くらいは現在の囲いがなくなり、

ここに新しい園舎が建つんだなぁと遊歩道からちょっとだけのぞいていただけますよ。