保育関連事業 新着情報

陶芸体験をしたよ

2018-12-19

本日、4.5歳クラスのこどもたちが「陶芸」をしました。

主催は堺市文化課の新たな企画「アートスタートプログラム」の一環です。

プログラムは「音楽体験」と「造形体験」の2つがあります。

 

『音楽や造形活動を通して、見て、経験して、自分でやってみることで

創造力や認知思考能力を育み、アート体験・観賞機会の充実を図る』

ことを目的に応募性で取り組まれ、今回いづみ保育園が受けたのは

「造形体験」でした。

 

かたまりの粘土を二つにひねって取りわけて、手のひらでクルクル丸めます。

 

丸くなった粘土を手をグーにして平らにしていきます。

その上にもう一つの丸めた粘土を乗せて、同じように「トントントン」

 

ホットケーキみたいになった粘土を、延べ棒で平らに伸ばしていきました。

すると、色違いの3つの小さな粘土が配られ、それをへび状に伸ばします。

へび状にした粘土で、なんと模様をつくるんです!「へ~!」

 

顔、雪だるま、ウサギ、ハート、お花など、思い思いに模様を作りました。

自由な表現はどの子の楽しそうですね。

 

模様ができたら、再び延べ棒でお皿と一体化させていきます。

 

最後に  

少し見にくいですが、大きめのお椀に乗せて、真ん中を軽く押さえれば

 

 

できあがり!!

 

 こどもたちは「明日できるのか!?」

と楽しみで仕方ないようですが、これから1週間乾かして、

そのあと800度の窯で焼くと、みんなが作った模様に色がつくようです。

でも、まだ完成ではないそうで、そのあとガラスを表面にぬって

もう一度1200度の温度で焼いて完成だそうです。

 

出来上がりは1か月後。

なかなかできない体験をさせていただいた上に、記念にも残り

とてもうれしいです。

こどもたちと楽しみに、出来上がりを待つとしましょう。

 

陶芸の先生、堺市文化課の方々、本当にありがとうございました。

是非、これからも続いてほしいな、と思いました。