保育関連事業 新着情報

鬼は外。福は内。

2019-02-01

 今年も曜日の兼ね合いで一足早く今日2月1日(金)春を迎える節分の行事を楽しみました。

 登園してきたこども達に「今日は何の日?」と尋ねると「オニの日」と、なんとも神妙な顔で話すこども達。

 ホールに集まって、「豆まき」の歌を歌った後、それぞれのクラスで作った鬼のお面を見せあいました。

それぞれ かわいいお面や迫力あるお面。どれもどことなく作ったこども達の顔に似ていて微笑ましく思います。

 節分の由来を伝え終えると、サッとこども達の後ろのガラス戸が開いて鬼が登場!

 5歳児の男の子がいち早く気付いて一目散に逃げ出していくのが速くて、鬼の登場より見ていた職員は男の子の逃げ足の速さにビックリしました。

果敢に鬼に豆を投げつけて立ち向かう子や、顔を手で覆って泣いている子など、ホールはしばし騒然です。

 鬼が退散してからも、まだしばらくホールは騒然としたままでしたが、時間と共に少し落ち着いて、我に返ったこども達。

もう一度みんなで「豆まき」の歌を歌って集まりを終えました。

 一年に一度こども達には怖い1日ですが、泣き虫鬼に、いじわる鬼、弱虫鬼に、ケンカ鬼、

こども達の中の鬼も退散してくれたと思います。

 心身共に健やかなこども達の育ちを願います。