保育関連事業 新着情報

「生きゴミさん」体験!

2019-02-21

先日、堺市環境事業部さんの協力を得て「生きゴミさん」づくりの体験をしました。

参加したのは4歳児。

2か月ほどかけてつくる堆肥となる「生きゴミさん」を

春植えの夏野菜づくりに使ってみよう!と取り組むことにしました。

 

  

 

スクリーンを使ってこどもたちに説明をしてくれました。

そのあと、園庭にでて・・・

 

 土と   米ぬか

を入れて「いきごみさん」「いきごみさん」と威勢よく子どもたちが掛け声をかけながら

土とぬかを混ぜ合わせていきます。

 

 色を見るとずいぶん混ざり合ってきました。

明日になると、発酵してこの土が”ほわ~ん”とあったまるそうです。

(翌日の今日「おっ!!あったかくなってる~!!!」と子どもたち興奮だったそうです。)

 

そうなると、いよいよ「生きゴミさん」づくりも本格的に開始!!

1か月ほどかけて、野菜くずや食べ残しなどを毎日土の中に埋めては

1週間に1回くらいよく混ぜ合わせることで、生ごみを分解させるんだとか。

 

4月下旬かゴールデンウィーク明けに、できた堆肥を使って夏野菜の栽培を開始予定です。

(今年は建て替えで園庭は夏~年内いっぱい閉鎖のため、夏野菜までは取り組めそうです。)

 

 「ムーやん」登場!!いつ見てもかわいいです。

 

そしてスクリーンのお話しの中にも出てきた「ムーやん」が最後に会いにきてくれて

子ども達大喜び!

環境事業部の皆さん。はじめてのプログラム体験を楽しめるよう企画くださって

ありがとうございました。

「生きゴミさん」づくりにこれから挑戦するこどもたちを見守っていてくださいね。