保育関連事業 新着情報

あま~い梅ジュースにな~れ。

2022-06-17

いづみ保育園の園庭には梅の木があります。

今年も実をつけて、先日保育士の先生達が収穫をしてくれました。

 

今日は、梅の実を「梅ジュース」にしよう。と朝から4歳児きりんぐみと、5歳児ぞうぐみで「梅ジュース」づくりをしました。

 

 

 

 

コロナ禍のため、漬け込みは先生達が進めて、こども達には見てもらうルッキングになりましたが、綺麗な梅の実を見せてもらうと

「いろんな いろがあって きれい」と話していました。

先生達から、

「この梅はどこで採れたでしょうか」

「瓶の中には先に梅を入れるでしょうか。氷砂糖を入れるでしょうか」

等、質問されると

「は~い」と元気に手をあげて答えてくれていました。

 

ちなみに質問の中で

「梅(うめ)は、どうして うめ というでしょうか」との質問に、こども達は頭を悩ませていましたが、出題した先生によると

「うめは、うめ~。(美味しい)から、うめ って言うねんで」

と、なぞなぞのような答えが返ってきて、こども達はニコニコと笑って聞いていました。

 

今日漬け込んだ梅を、5歳児 ぞうぐみのこども達は保育園にお泊りをする合宿で「乾杯」したい。

4歳児 きりんぐみは「乾杯」するお楽しみ日決めよう。

と出来上がりを楽しみにしています。

 

「うめじゅーす。おいしくな~れ」

こども達の おまじない通り、甘くて美味しい梅ジュースの出来上がりが楽しみです。