保育関連事業 新着情報

プール大会

2022-08-26

新型コロナウイルス感染症のまん延により、ここ数年プールの活動が制限される中ではありましたが、今日 いづみ保育園のこども達は、2022年度のプール大会を行いました。

 

プールの生活が始まった頃は、顔に水しぶきがかかるだけでも涙が出てしまっていた子も、ひと夏 友達と楽しくプールの生活を楽しむ中で平気になって、それぞれの年齢に応じた目標に取り組んで、できるようになったことを、発表しました。

 

5歳児 ぞうぐみは「イルカジャンプ」を目標に頑張ってきました。

友達が見ている前で、自分の名前と「イルカジャンプをします」と発表してから挑戦。

プールの階段の上から、綺麗に踏み切ってフープを潜り抜け、水に飛び込む姿を見せてくれました。

少し自信がない子も、友達に

「〇〇ちゃん れんしゅうしてきたから だいじょうぶ」

と励ましてもらって、挑戦。

「イルカジャンプ」を見せてくれました。

 

 

 

ぞうぐみのこども達全員が発表を終えると

「やった~。」

「みんな イルカジャンプ できたぞ~」

と、ハイタッチをしながら、ぞうぐみ全員で喜び合っていて、年長児として集団の高まりの一つの節目になりました。

 

 

どの年齢のこども達も楽しく過ごした夏のプールの生活。

友達といっしょに 楽しむ中で、だんだんとできるようになる。だんだんと上手になる。という経験を沢山してきました。

ひとり一人、しっかり自信をつけたことを積み重ねて、秋の運動会の生活にシフトしていってほしいと思います。