保育関連事業 新着情報

大泉緑地の加呂登(カロト)池の ミニビオトープ 噴水付

2022-06-21

いづみ保育園の隣の大阪府営大泉緑地には、加呂登(カロト)池という池があります。

大泉緑地には、他にも池はありますが、カロト池は他の池に比べて浅いため、池にフェンスがありません。

そのため、池に直接ふれることができるので、梅雨になり池の水が増えてくると。ザリガニ釣りのこども達や、家族連れで賑わいます。

 

今までカロト池で、メダカや、カエル、カメ、ヤゴ、ドジョウ等、様々な生き物と触れ合ってきた、いづみ保育園のこども達ですが、ザリガニが指定外来生物に指定されたことで、法律上釣ったザリガニを池に再び逃がすことができなくなりました。

 

こども達には様々な生き物に触れあう機会として、ザリガニ釣りも経験させたいことから、ザリガニと、メダカのそれぞれのミニカロト池のビオトープを園庭の隅に作りました。

こども達に喜んでもらえるようにソーラーで動く噴水も浮かべました。

 

こども達は突然園庭に現れたビオトープに興味深々。

アッという間にビオトープの周りに集まって、中を覗き込んでいます。

ちいさな生き物に、こども達は時には心無いことをしてしまうこともありますが、自分がされて嫌なことは、友達には勿論、ちいさな生き物にもしてはいけないことを学んでいきます。

 

「そ~っと のぞいてみてね」

と声をかけられて、ハッといたずらしていた手を引っ込めるこども達。

 

ちいさな生き物との関わりを通して、思いやりのあるこども達になってほしいと思います。