保育関連事業 新着情報

5歳児の合宿(夏のお泊り保育)

2018-08-31

  

 

5歳児が朝の集まりで「合宿宣言」をして、夏のお泊り保育がはじまります。

今年は取り組んでいる「荒馬」の手綱を持って登場!

一人が「ラッセーラ―ラッセーラー」とかけ声をかけると、全員が同じ様にかけ声で応答。

これからみんなで頑張るぞ!という気持ちが伝わるようでした。

 

夏の合宿ではみんなで晩御飯を作り、4才児を招待しています。

今年もカレーライスを作るために、午前は野菜の皮むきや包丁で切って下準備、

午後からは煮込みや副菜づくりを行い、直前には4歳児招待に向けて、

お部屋の飾りつけにいそいそと動き回っていました。

 

    

 

5歳児のつくってくれたカレーライスは、同じルウを使っているのに、不思議と鍋ごとに味が違うんです。

具材もグループごとに話し合って決めているので、牛肉のグループもあれば鶏肉のグループもあり、

じゃがいもは入れないけどオクラを入れる、と決めたグループもありました。

 

夜は5歳児だけになった園舎で「きもだめし」や「花火」で盛り上がり、

「お風呂ごっこ」では気持ちも最高潮!(寝る前ですが、毎年そうなります。)

 

起床後は5歳児が飼育している「うさぎのみみちゃん」にリードをつけて、保育園の前にある大泉緑地へお散歩!!

朝ごはんもよく食べ元気で何よりです。

 

そして    再び朝の集まりで、楽しかったことを絵にして、

 

一人ひとり発表してくれました。頑張ったね!とみんなに大きな拍手がおくられました。

達成感を感じられる合宿になっていればいいな、と思います。

 

保育園最後の1年は、保育園生活が定着し、見通しをもって主体的に生活してほしいと思っています。

合宿では自分たちが決めたことを実行すること、どのような準備が必要か考えること、

一人ではできないことを、仲間と経験することで一層の達成感や充実感を感じられることなどを目標に

取り組んできました。

夏のお泊り保育、プールが終わると、今度は運動会を見通しての取り組みが中心になります。

ここでも運動面での成長も大事にしながら、運動面という見える部分の成長だけでなく

頑張ろう、やってみようという気持ちが膨らみ、自分一人だけでなく仲間の成長も喜びあえる集団へと

内面の成長を期待しながら取り組みをすすめていきます。