ほくぶ事業所

ほくぶ障害者作業所は、1995年知的障害者と聴覚や肢体の障害を併せもつ仲間たちとその父母兄弟、そして多くの支援するに人々が力を合わせてつくりあげた作業所です。場所は緑いっぱいの大泉公園の北隣りにあります。「重い障害をもっていても、どのような障害の人も通える作業所にしよう」「発達を保障できる作業所にしよう」「地域の人々に理解され、共に歩んでいける作業所にしよう」「障害者・家族・職員・関係者の意見や声を大切に運営しよう」「人間が人間らしく暮らせる社会を切り開ける作業所にしよう」と20年間、実践を積み重ねてきました。

提供サービス

ほくぶ障害者作業所

生活介護事業・就労継続支援B型事業
<アルミ缶リサイクル>

アルミ缶リサイクルの作業は、ほくぶ障害者作業所が開所当初からずっと続けているお仕事です地域の皆様に協力して頂いて、アルミ缶の回収に行き、プレス作業をしています。地域の方からの「ありがとう!」の言葉が大きな励みになっています。

<指文字商品>

ほくぶ障害者作業所は、聴覚に障害をもつ仲間と共に歩んできました。手話を多くの人に知ってもらいたいという願いから「指文字Tシャツ」「指文字パーカー」を商品化し販売しています。

<配食>

地域の高齢者・障害者・グループホームの夕食や北区役所や児童デイサービス等へお昼の食事をお届けしています。包丁で材料を切る・お米を研ぐ・盛り付け・配達等、利用者の皆さんが大活躍しています。

第2ほくぶ障害者作業所

生活介護事業・就労継続支援B型事業
<製菓・製パン>

2007年にほくぶ障害者作業所の分場施設から、第2ほくぶ障害者作業所になりました。「おいしくなーれ」と始めたお菓子作りが、プロのパティシエも顔負けのお菓子を作れるようになりました。今では、パン作りやチョコレートの袋詰めの仕事も始め、第2ほくぶ障害者作業所はいい香りで包まれています。

<喫茶>

総合生活支援センターえるとの1階に、聴覚障害者の働く場、手話カフェ「まごころ家」として喫茶・定食のお店と、ショーステイえるとの食事作り・清掃等をお仕事にしています。日替わりの「まごころ家定食」は毎日お昼に食べに来て頂ける常連さんもできました。

基本情報

事業所名 ほくぶ障害者作業所
所在地 〒591-8011 大阪府堺市北区南花田町536番地1 地図
電話 072-254-5778
FAX 072-259-4459
事業所名 第2ほくぶ障害者作業所
所在地 〒591-8011 大阪府堺市北区南花田町532番地3 地図
電話 072-287-8056
FAX 072-287-8056

さまざまな取り組み